【完全保存版】失敗しない良い・上手い美容師見つけ方3選

こんにちは。Beautify編集部です。皆さまは行きつけ美容室はありますか?またそのお気入りの美容師さんはいますか?なかなか自分にあった美容師さんを見つけることは難しいことだと思います。
今回は少しでも良い美容師を見つけられる方法を5つ紹介したいと思います。皆さまのこれからの良い美容師探しの役に立てればと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

良い美容師とは?

まず良い美容師とはどういった美容師をいうのでしょうか?
もちろん、技術があるのはもちろんです。いかにお客様のイメージ通りのスタイルに近づけられるかということはかなり重要なスキルです。

それだけではなく、雰囲気やトークをしていて楽しいかという部分も大切かと思います。カット中に話したくない人もいるかもしれません。そういった人には、配慮がしっかりできているか。そういった部分も含めて良い美容師と言えるでしょう。

雰囲気やトークに関しては実際にそのお店にいってみないと難しい部分がありあます。

②良い美容師の探し方「口コミを見る」

気になっている美容室があり、この美容師さんに施術してもらいたいとなればホットペッパービューティー などの口コミを参考にしてみましょう。一人一人のプロフィールが掲載されている事がありますので、そのプロフィールを見る事は良い策です・ヤラセの可能性もあるかもしれませんが、ホットペッパービューティーであれば、その可能性は低いです。参考にしてみましょう。

美容師さんが決まっていない場合は、ボブにしてもらいたいと思っていたらボブが得意な美容師さんを選ぶようにしましょう。美容師さんも得意不得意の分野はやはりあります。

③良い美容師の探し方「SNSを見る」

近年は多くの美容師がInstagramのアカウントを持っているのではないでしょうか?
アカウントからその美容師さんがどんなスタイルが得意なのか、どんなお客様をターゲットにしているのかが見えてくるでしょう。

美容師さんをInstagramで探すにはお住いの地域と美容室を合体させて調べると多くの美容師さんが見つけられると思います。
「八王子美容室」といった感じです。こういったものが多く出てきます。

その中から自分が希望するスタイルに近い写真を見つけて、その美容師にカットやカラーをしてもらうのも良い手です。
ぜひやって見てください。

⑤良い美容師の探し方「施術中は会話の仕方を見る」

またカットやカラーなどの施術中の話になりますが、話し方でもその美容師さんが良いのかわかる部分があります。

例えば専門用語を連発している美容師さんは気遣いがない美容師さんとも言えるでしょう。
リタッチと言われても一般の方には理解できないかもしれません。
「根元染め」と誰でもわかる言葉を使用し、専門用語を使わずに説明してくれる美容師さんは気遣いもあり良い美容師と言えます。

おそらく、そのような美容師は言葉だけでなく他の部分でもしっかりと気遣ってくれる良い美容師さんであると思います。

また希望するスタイルが難しくてできなかったとしても、そのまま「できない」という状態で話を終わらせてしまう美容師さんは良い美容師さんとは言えません。
良い美容師さんであれば、希望するスタイルが難しかったとしても新しい提案を持ってきてくれるはずです。
「こうした方がもっと良くなりますよ」や「こうはどうでしょう?」などです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は良い美容師の探し方を3つご紹介しました。これを参考に自分のお気に入りの美容師さんを探して見てください!皆さんが良い美容師さんを探す事ができることを願っています。

さらに、【期間限定】でBeautifyのLINE@にご登録頂くと、

  • 最新の美容室情報♪
  • あなたにおすすめの美容室をご提案
  • ヘアスタイルに関するお悩み

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします^_^

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする