【苦手な人必見】美容室電話予約の仕方・当日?いつ?何日前?が良いのか

こんにちは。Beautify編集部です。みなさんは美容室を予約するときはどのように予約を取っていますか?ネットや電話、知り合いであればLINEで済ますという人がいるかもしれません。
その中でも初めての美容室への電話は緊張をしてしまうものです。今回はそのような場面で困らないように対応の仕方や定型文を作りましたのでぜひ参考にしてみてください!

美容室に予約電話をする時の準備

はじめて美容室に電話するのに緊張するのは当然のことです。何を伝えたらいいのかが分からないからだと思われます。しかし冷静に考えれば、要は、カットをしたい旨が伝わればそれでよく、あとは日にちと時間がお互いに空いているときとなるだけです。カットだけでなくてパーマもカラーも行いたい場合も同じです。伝えることをしっかり決めてから予約の電話をすればスムーズにいくでしょう。


引用:PAKUTASO

美容室に予約電話をするにはいつ・何日前が良いか?当日の予約は?

出来るだけ早く伝えるほうがいいと思いますが、基準としては1週間前からが良いでしょう。

当日予約でも美容室が空いていればそれで全然問題無いですが、一応「近々で申し訳ないのですが~」と付け加えた方がいいです。
普通の人が働いている時間である、平日の夕方までの時間であれば、意外と普通に予約を取れたりして、美容室のスタイリストさんもちょうど暇をしているときもあり、こういった場合はお互いwin-winの関係であるといえます。
ですが、それでもやはり「近々で申し訳ないのですが~」は付け加えた方がいいです。

電話が苦手な人も安心!はじめての美容室の予約電話の仕方

ここでは定型文にして美容室の予約の仕方をご紹介します!

自分:電話をする。

美容室「はい、○○美容室の○○と申します。」

自分「こんにちはカットの予約をしたいのですが。」

美容室「お日にちはいつになさいますか。」

自分「○○日の○○曜日の○○時は空いていますか。」

美容室「大丈夫です。担当はどちらでしょうか。」新規の場合のみ

自分「○○さんをお願い致します。」

美容室「かしこまりました。○○(スタイリストさんの名前)で○日○曜日○時ですね。」

「お車でお来しでしょうか。」駐車場予約が入れられる場合

自分「車です。宜しくお願いします。」

美容室「お待ちしています。」

自分「お願いします。」

以上が比較的ありがちな電話での予約のパターンですがカラーを入れる際にはカラーをしたいが、色で悩んでいるのであれば相談したい旨を伝えてもいいです。

とにかく日にちと時間と名前が伝われば問題ないです。自分の伝えた時間と相手が言った時間が間違っていないことを電話の際に確認しましょう。

美容室の予約電話が苦手な人はネットを使う

電話の方が簡単ですし、自分の入力ミスで予約をミスしてしまうことはないと思います。
ですが、電話がどうしても嫌だという人は少なからずいます。そう言った方はネット予約で済ましてしまうことをお勧めします。

ネットで予約するとスタイリストさんを指名することができなくて、毎回自分の髪の特徴を言わなければいけないかもしれないという煩わしさがあるかもしれません。

終わりに

いかがでしたでしょうか?美容室の予約電話は場数を踏むしかないと思います。苦手な方も電話の数をこなせば電話をする前の緊張はあるかもしれませんが、その緊張は徐々に少なくなってくるものです。
美容室の予約電話で大切なことは、日時とカットなどのメニューをしっかりと伝えることです。それを意識して電話を予約電話をしましょう。

さらに、【期間限定】でBeautifyのLINE@にご登録頂くと、

  • 最新の美容室情報♪
  • あなたにおすすめの美容室をご提案
  • ヘアスタイルに関するお悩み

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします^_^

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする