[保存版]ヘアオイルつけるべきタイミング3選!効果的な使い方を徹底解説

ヘアオイルをつけるべきタイミングとは?ヘアオイルの効果や正しい使い方、NGなタイミングも含めて解説していきます! タイミングによってどんな使い方があるのか?基本的な使い方から応用まで、ぜひ参考にしてみてください。

ヘアオイルの効果とは?

①保湿効果でツヤ髪に

私たちの髪の毛は紫外線や乾燥など、日常的にダメージを受けています。 それが髪のパサつきや、枝毛の原因に。。 ヘアオイルで髪をコーティングすることで、髪の乾燥を防ぎダメージを補修してくれます。

②摩擦を防ぎまとまりやすい髪に

髪をブラシでとかすとき、就寝中の寝返りなどでも、髪は摩擦によるダメージを受けています。 特に乾燥する季節には、静電気が起こりやすく、より髪のパサつきが気になりますよね。。 ヘアオイルを髪になじませることで、摩擦ダメージを軽減し、まとまりやすくスタイリングしやすいツヤ髪になります。

③外部ダメージから髪を守る

ドライヤーの熱など、外部からのダメージを予防してくれる効果もあります。 エルカラクトンという、熱の力を利用してトリートメントの浸透力を高めてくれる成分配合のヘアオイルは、より髪質の改善効果が期待できそうです!

ヘアオイルの効果を最大限に引き出すタイミング3選!

タイミング1:お風呂上がり

ベストなタイミングは、髪の毛が濡れているときです。 お風呂上がりのシャンプー後の清潔な髪を、ヘアオイルのコーティングで乾燥や熱、摩擦ダメージから守りましょう。

タイミング2:外出前のスタイリングに

ヘアアイロン・コテなどでセット後の熱ダメージによる乾燥を、ヘアオイルをつけて潤いを閉じ込めます。

UVカット成分配合のヘアオイルなら、より外出前のタイミングでつけると効果が期待できますね! 紫外線や乾燥のダメージから髪を守りましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

cetera_official(@cetera_gamo)がシェアした投稿

タイミング3:お風呂タイムにパックやマッサージとして

ヘアオイルをつけるベストなタイミングは、お風呂上がりのシャンプー後に濡れた髪でしたよね。 お風呂タイムにヘアパックや頭皮クレンジングとして使うことで、頭皮トラブルの原因を防ぎ髪に潤いをあたえてくれる効果もあるんです。詳しくは使い方の応用編でご紹介します!

ヘアオイルつけるNGなタイミングはある?

NGなタイミングはないですが、美髪のためにつけるヘアオイルも付け過ぎると一定以上は浸透しないため、皮脂のつまりやベタつきなど逆効果になりかねません。ヘアオイルの適量、効果的なつけるタイミングを髪のダメージや状態に合わせて使うようにしましょう。

続いて、効果的なヘアオイルの正しい使い方について見ていきましょう。

ヘアオイルの正しい使い方[基本編]

ヘアオイルの適量は?

ショート半プッシュ~1プッシュ
セミロング1プッシュ~1プッシュ半
ロング1プッシュ半~2プッシュ

この量を目安に、毛先を中心に髪の内側からヘアオイルをなじませましょう。 お持ちのヘアオイルに適量の記載がある場合には、そちらを参考にしてください。

ヘアオイル基本の手順

1.ドライヤーの熱から守るため、シャンプー後タオルドライで軽く髪の水分を取り除きます。
 タオルドライは髪とタオルで摩擦が生じないよう、できる限り優しく髪の水分を拭き取りましょう。

2.手のひらでヘアオイルをなじませ毛先を中心に髪の内側からもみこみます。

3.手ぐしやコームでまんべんなくなじませ、ドライヤーで乾かす。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ミスミ製薬_official(@misumiseiyaku_official)がシェアした投稿

ヘアオイル[応用編]!タイミング別おすすめな使い方

外出前のスタイリング

ヘアオイルを髪全体にくしゃっと揉み込めば、しっとり濡れ髪風のスタイリング剤としても使えます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りさ/美容師*アレンジ/ボブ/ロング/ミディアム(@lauhair_risa)がシェアした投稿

シャンプー前の頭皮クレンジング

シャンプー前の乾いた髪に、ヘアオイル適量を頭頂部中心に頭皮になじませます。爪を立てないよう指の腹を使ってマッサージし、頭皮全体をマッサージできたら、最後にぬるま湯でしっかり洗い流します。マッサージもやりすぎると、皮脂を落としすぎて頭皮の乾燥を招くことになるので、週に1度くらい髪の状態を見ながら試してみてください。

お風呂タイムにヘアパック

カラーやパーマで傷んだ髪が気になるときは、ヘアオイルでパックする使い方がおすすめです。 髪が乾いた状態でブラッシング、基本的な使い方と同じ様にヘアオイルを髪になじませます。 シャワーキャップや蒸しタオルを巻いて約10分ほど置いてから、ぬるま湯でしっかり洗い流します。 よくすすいでからシャンプーをすると、滑りが良くなりシャンプー時の絡まりも改善できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nine Dot Design(@nine_dot_design)がシェアした投稿

ヘアオイルをつけるタイミングでよりツヤ髪になれる

ヘアオイルは日常の紫外線や乾燥、ダメージから守ってくれる効果が嬉しいですね。正しい使い方、タイミングを意識して、毎日のヘアケアにぜひ取り入れてさらツヤ髪を目指しましょう!

さらに、【期間限定】でBeautifyのLINE@にご登録頂くと、

  • 最新の美容室情報♪
  • あなたにおすすめの美容室をご提案
  • ヘアスタイルに関するお悩み

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします^_^

おすすめヘアケア研究
スポンサーリンク
Beautify -おすすめ美容室の口コミ・ランキング情報-

コメント

タイトルとURLをコピーしました