【保存版】縮毛矯正は汗でとれる?縮毛矯正と汗の関係について徹底解説

縮毛矯正

縮毛矯正で髪をストレートにしたいと考えた時、汗っかきだと施術の効果が汗でとれるのではないかと不安になる人は少なくありません。
縮毛矯正は汗でとれるのでしょうか?
そこで今回は、縮毛矯正と汗の関係についてまとめて徹底解説します。

スポンサーリンク

【汗っかきさん必見!】縮毛矯正は汗でとれる?汗で髪がうねるもあわせて解説

縮毛矯正は汗でとれるのか、汗で髪がうねるのかなど、汗と縮毛矯正についてくわしく説明します。

縮毛矯正は汗でとれる?汗かきでも夏に施術を受けても大丈夫なのかを解説

夏などの気温が高い時期だと汗っかきさんの場合、汗で縮毛矯正の効果がとれるのではないかと心配するケースがあります。
しかし、汗をかいたくらいで縮毛矯正は取れません。
縮毛矯正は基本的に一度かけたら半永久的に効果が持続する施術です。
そのため、汗っかきさんでも安心して施術を受けられます。

ただし、新しく生えてきた部分はくせ毛のままなので汗をかいた時に髪がうねることはあります。
髪が伸びて来て根元がうねってきたら縮毛矯正のメンテナンスをしましょう。

基本的に縮毛矯正後に汗で髪がうねる心配はしなくて大丈夫!

基本的に縮毛矯正後、汗で髪がうねる心配はしなくても大丈夫です。
ただし、縮毛矯正をした当日は髪が繊細な状態になっているため落ち着くまで24時間くらいシャンプーをするのは避けるのがベターです。
そのため、シャンプーをしたくならないようになるべく運動を避けたりして汗をかかないようにしましょう。

また、髪は濡れると傷みやすいため大量の汗をかいた場合は早めに乾かすのがおすすめです。
シャンプーをした時も同様にドライヤーで早めに髪を乾かしましょう。

汗で濡れて髪がうねった時は美容院に相談しよう!

もし、汗を大量にかいた時に縮毛矯正をかけた部分がうねったら、そもそもちゃんと縮毛矯正がかかっていない可能性があります。
縮毛矯正は高い技術が必要な施術のため、他の美容院のメニューよりも失敗する確率が高いのがデメリットです。
失敗例としてはビビリ毛や切れ毛、枝毛、髪のごわつきなど分かりやすいものだけでなくきちんと施術がかかっていないケースも入ります。
縮毛矯正をしたのに汗で髪がうねった場合、早めに美容院に相談してみましょう。

汗で濡れるのが心配!縮毛矯正の当日は汗に注意した方が良いの?

気温の高い夏など縮毛当日の汗に対する注意点についてくわしく解説します。

施術当日に汗で髪が濡れても基本的には大丈夫!当日の注意ポイントとは

縮毛矯正当日、汗で髪が濡れても基本的には大丈夫です。
しかし、施術後に大量の汗をかくと髪を洗いたくなることもあります。
縮毛矯正をかけた日はなるべくシャンプーをするのは控えたいため、過度に汗をかかないように運動を控えたりなるべく早く帰宅するなど工夫しましょう。

また、縮毛矯正が取れることはありませんが薬剤が落ち着いていない間はなるべく汗をかいたりして髪が濡れたらすぐに乾かすのがおすすめです。
髪が濡れてダメージを受けると、傷んだ毛先がハネやすくなる可能性があります。

汗をかくと髪のくせを美容師さんに説明しやすくなることも!

縮毛矯正当日、美容院に行くまでに汗をかいて髪がうねることがあります。
汗をかいて髪がうねる場合、実際に美容師さんに髪のくせの具合を見てもらった方が髪質の診断がしやすいです。
そのため、汗をかいて髪のくせが出た状態の方が美容師さんにくせ毛について説明しやすくなることも多いです。
髪が汗でうねるのは嫌かもしれませんが、施術前に実際のくせを見てもらうのもおすすめです。

基本的に縮毛矯正が汗で取れる心配はない!汗をかく人も安心してストレートヘアを楽しもう

基本的には縮毛矯正が汗で取れる心配はありません。
縮毛矯正は薬剤の反応が終わっている状態なら、効果は半永久的に持続します。
ただし、新しく生えてきた部分の髪はくせ毛なので定期的にメンテナンスすることで綺麗なストレートヘアを維持できます。
また、縮毛矯正をかけた当日はあまり髪が濡れないように注意しましょう。
もし髪が濡れた場合はすぐに乾かせば、問題ありません。
汗をかく人でも縮毛矯正はかけられるので、安心してストレートヘアを楽しんで下さい。

さらに、【期間限定】でBeautifyのLINE@にご登録頂くと、

  • 最新の美容室情報♪
  • あなたにおすすめの美容室をご提案
  • ヘアスタイルに関するお悩み

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします^_^

縮毛矯正
Beautify -おすすめ美容室の口コミ・ランキング情報-

コメント

タイトルとURLをコピーしました